目的と活動内容
Objectives and Activities

About Us

Endorsed by     Endorsement(English & French)    Endorsement (日本語版)

 

AAAグループの目的

1.「和解」の働きを多くの日本人に紹介すること。
2.さらに日本や他の国々の実際的な「和解」へとつなげていくこと。
3.上記の活動を通じてベナン共和国の経済発展を支援していくこと。

 

活動内容

1.戦争、支配、奴隷制度など世界の歴史的な問題について「和解」という働きを公演、カンファレンス、ミュージック・コンサート、写真展示会等を通して進めていく。
2.この「和解」働きは、1999年、アフリカ、ベナン共和国で始まった。
アフリカ-ヨーロッパ-アメリカの間で数百年前に行われていた奴隷貿易について、ベナン大統領をはじめ、各国の人々が協力して「和解」-つまり、赦しあうこと-を提唱しはじめ、さらに新しい友好関係を構築するために様々な活動が展開されている。
3.会議は、東京、横浜、さがみはら国際交流ラウンジ、座間、又は、厚木キャンプで時々行っている(参加費用なし)。

 

大使館によるメッセージ
Messages from the Embassies

ベナン全権特命大使からのAAA Reconciliation Group の活動についてのメッセージ

フォトジャー ナリスト
エマニュエル・ベベニョン 様

和 解と発展プロジェクトに関する貴殿の働きについて

日本の国民に和解と発展プロジェクトを広く伝えていく貴殿の様々な活動が記された10月19日付けの書簡を拝見致しました。
マ チュー・ケレクー大統領により始められたこのプロジェクトが人類にとって非常に重要な意味を持つことは申し上げるまでもありません。
和解を必要とするのは実際、アフリカ人、米国系アフリカ人そしてヨーロッパ人達だけではありません。五大陸の様々な人種間においても当てはまる問題です和 解を必要とするのは実際、アフリカ人、米国系アフリカ人そしてヨーロッパ人達だけではありません。五大陸の様々な人種間においても当てはまる問題です
貴殿がこの歴史的な現実を捉え、日本及びアジアの様々な場所で伝達に励んでいらっしゃることに心より賛辞を贈らせて頂きます。 アジアにおいて貴殿が始められたこの活動がより効果的に推し進められますよう、大使館は出来る限り支援させて頂く所存でございます。
尚、この尊い事業を遂行していく上で、使節団より委託されたこのプロジェクトの資料に記されている和解の原則に常に忠実であることをお勧め致します。
今 後の貴殿のご活躍を心より応援致しております。
原文(フランス語)はこちら»

 

ハイチ共和国 大使館からのメッセージ

公式声明、

写真家、教育者であると同時に外国におけるベナンの高等理事会(2001年4月26日におけるベナン共和国の政令no.2001-153によって公的に認められた組織)のメンバー、そして同様に日本における[Africa, America and Asia Reconciliation Group](AAA和解グループ)の創立者であるエマニュエル・ベベニョン氏は以下のことを伝えるため、私たちの東京大使館をご訪問くださいました。

AAARG(前述)は日本とアジアにおける「La Route de l’Esclave」(奴隷の道)のプロジェクトを提示しております。このプロジェクトは1994年にとりわけユネスコや国連、そしてベナン共和国のリーダー、といった国際リーダーの庇護のもとベナンで開始されました。そして同様にこの計画は他の国の、とりわけハイチ共和国の強い力添を以て日の目を見ることができました。ハイチ共和国にとってこれはタイトルよりもずっと価値のあることである。

ハイチ大使館はこのグループの創立者を、そのすばしい協力者と同様、プロジェクトの成功を目的として変わりなく支援していくことを強く保証いたします。「La Route de l’Esclave」 (奴隷の道)は人種間の理解、団結、相互援助を増進し、世界平和の役立つ全ての価値あるものの一部です。

この精神のもとAfrica, America and Asia Reconciliation Group(AAA和解グループ)はハイチ大使館に定期的にこの気高き行実践の変遷をレポートすることを約束いたします。

日本のハイチ大使館は皆様のご静養と発展をこころよりお祈り申し上げます。
原文(フランス語)はこちら»

 

代表者によるメッセージ
Message from the Spokesman

The Joy that we experienced at the success of the International Leaders Conference on Reconciliation and Development in the Republic of Benin, December 1999, got us to start this Home page; the joy to share our joy, the joy to be a witness for the eyes as they have not seen it and the ears as they have not heard it, brought us to launch the home page.

The Order, the Harmony, the Nobleness, the Beauty, the Victory over hatred, the Victory over doubt, the Victory over suspicion, the Victory over accusations, the Victory over resentment, the Majesty in the Reconciliation process, the celebration of Respect and Love, yes, all that for peace, the sense of responsibility and duty to be an ambassador for Reconciliation and Development led to this home page.

 

代表者紹介
Representative
公式親善大使 エマニュエル・ベベニョン
Public Goodwill Ambassador Emmanuel GBEVEGNON

クリスチャン新聞による紹介(和文)»

Africa, America and Asia Reconciliation Services

© 2017 Africa, America and Asia Reconciliation Group