Beginning with Benin

Beginning with Benin

AAA Group Spokesman Emmanuel GBEVEGNON has published a book.

AAAグループ代表 エマニュエル・ベベニョンが本を出版しました。

Beginning with Benin

An Account of The Goodwill Ambassador’s
Efforts and Development for the
Reconciliation Movement

Benin, Japan, America, Nepal, and the World




FROM THE EDITOR

  It is impossible to think of world history without including the historical accounts of human slavery.  Benin was one of the largest slave trade ports for the Trans-Atlantic Slave Trade.  The country of Benin, like much of the African continent, was targeted for its rich and vast resources.  The location of this lush country made it the birthplace of a tragic story.  History tells us that by the 18thcentury, the greatest number of enslaved Africans were kidnapped and transported to the Americas.  The mission for financial gain caused men of several cultures, including European, French, Portuguese, and Africans to initiate and engage in a betrayal of mankind.  But the summaries of history are often incomplete.  The accounts of the Trans-Atlantic Slave Trade and aftermaths of slavery are as numerous as the stars.  And much like our evolving view of natural science, the development of this history continues even now. 

  We often do not expound on the uncomfortable truths of history.  The real problem is a lack of education and the unwillingness to accept the truth.  Why?  Because sometimes the truth causes those who have been subjected to injustice and degradation, to lash out in unquenchable anger.  Sometimes the ugly truth causes those who are privileged by the injustices to be dismissive and blind to the problem, striking the “burning match” of systemic racism.  Consequentially, both the frustrations of not being heard, and the guilt of denial lead to the same road: division, devastation, and destruction.  

  The majestic country of Benin is a beautiful nation.  This mother country has birthed valuable resources into this world.  Sadly, no nation is without tragedy and complexities in its formation.  During the initial phase of the Trans-Atlantic Slave Trade, many African Kings were said to have participated in the first trades for captured Africans. There have been countless debates over whether those involved were deceived or willing participants. While these debates continue today, many can agree on the importance of reconciliation. 

  Reconciliation has many terms in different context.  As a general term, reconciliation refers to restoration, and the process of unity.  Benin took this general concept of reconciliation into efforts for a movement.  In 1999, former president of Benin, Mathieu Kerekou, gave a momentous public apology to the entire African Diaspora and the world on behalf of Benin’s role in the Trans-Atlantic Slave Trade.  That year Benin moved into action and initiated the Leader’s Conference on Reconciliation and Development.  Speakers from the world convened to formally apologize for their countries’ roles in what was one of the most horrific acts of mass genocide, degradation, and abuse of a single group of people in the history of this world.  Now the Reconciliation Movement has continued through the works of several organizations and advocates. 

  Professor Emmanuel G. has spent a larger portion of his life representing the beloved country of Benin.  He is the founder and director for many organizations and working as the Goodwill Ambassador.  His work with the Reconciliation Movement has spanned nearly two decades of dedicated service.  His efforts have led him to participate in conferences and initiatives globally seeking to educate and motivate for change.  He is an advocate for the Reconciliation Movement.  Professor Emmanuel G. is an accomplished teacher and a student of history and mankind. He is a leader committed to service.  He is a guardian of truth.  He is an impactful voice from Benin for the world.   

  It has been an honor to help bring these efforts together in an account that documents the work and great accomplishments of Professor Emmanuel G.  Documentation of these efforts are not just intended for academic review.  The collection of historical accounts and efforts of the Reconciliation Movement are designed to educate and inspire the world.  For those learning we will update the website at www.beginningwithbenin.org. There you will find material to give you a better understanding of the historical accounts and updated photographs and tributes.  It is my hope that you can examine these efforts and come to a deeper understanding.  We are ultimately one human race and the story of one is the story of all. It is necessary to examine our unique stories, and our common thread.

  Together we take a forward look at the past and knock on the doors of progress and world peace.  We do not look back to find anger, but to seek answers.  It is through the recognition of the truth that we begin our journey of awareness, healing, and building.  Hopefully, these efforts will touch the life of at least one, because we know the power of One.  So, with one voice and one goal, it is my sincere desire that you will be inspired to join the Movement for Reconciliation, beginning with Benin…  

Shyretta Rochelle McCrackin,

Juris Doctor, MBA, Lawyer, Speaker, Lecturer   



ベナン発 和解から平和へ 

親善大使の軌跡と
和解運動発展への記述

ベナン、日本、アメリカ、ネパール、
              そして世界へ

ベナン発
和解から平和へ

親善大使の軌跡と
和解運動発展への記述

ベナン、日本、アメリカ、
ネパール、そして世界へ




編集者より

 人間を奴隷とした過去の歴史的事実を語らずに世界史を語ることは不可能です。ベナンの地はかつて大西洋奴隷貿易の最大の貿易港の1つでした。ベナンはアフリカ大陸の他の地域と同様に、資源のある豊かで広大な土地として西洋の人々の獲得の標的にされました。この緑豊かな地域からひとつの悲劇的物語が始まったのです。

 歴史的事実によれば、18世紀までに膨大な数のアフリカ人が誘拐され、奴隷となって南北アメリカ大陸に輸送されました。この利益至上主義の計画により、ヨーロッパ、フランス、ポルトガル、そしてアフリカの人々までもが、この人類への背信行為の口火を切り、悲劇を拡大させていくこととなったのです。 しかし、歴史の要約的記述は完全でない場合が多いのです。 大西洋奴隷貿易の現実と奴隷制がもたらした影響は途方もなく膨大で、進化し続ける自然科学の研究と同じように、この奴隷貿易の影響は今日においても拡大し続けているのです。

 不快な歴史の真実について、詳しく語ることを望まない人は多く存在します。問題は、人々がその事実を知ろうとせず、またその真実を受け入れたがらないということです。それはなぜでしょうか。つまり、真実を知ることで、不正や堕落に浸りきった人々が怒りを抑えられず、相手をひどく攻撃することになるからです。歪められた事実により、真実から目をそむけ、高い地位に居座る人々がその問題について考えることを拒否し、目を背けるようになるのです。そして、そのことが人種差別への道筋を作るきっかけとなります。結果として、そのような事は聞いていなかったと言い訳をしたり、真実を拒否し続けたという罪の意識により社会は分断、荒廃、そして崩壊への道へと進みます。

 ベナンは雄大で美しい国です。この国は世界に対し貴重な資源を生み出してきました。悲しいことですが、国を作り上げる過程において悲劇や混乱を経験しない国はありえません。大西洋奴隷貿易の初期段階では、多くのアフリカの王達によって生け捕りにされたアフリカ人が最初の貿易対象になったと言われています。これらの奴隷たちは騙されたのか、それとも自ら奴隷となったのか、数え切れないほど多くの議論がなされてきました。そして現在も続いています。しかし、双方の和解の重要性という点に関しては、全員の意見を一致させることができるのです。

 「和解」という言葉は異なる文脈の中で複数の用法を持っています。一般的な用語として、和解は復興、および決断へ向かうひとつのプロセスを指します。ベナンはこの一般的な概念としての「和解」を、運動へと発展させる取り組みとして実現させました。1999年、ベナンの前大統領であるマシュー・ケレクは大西洋奴隷貿易におけるベナンの役割について、アフリカン・ディアスポラ全体と世界へ向けて公式の謝罪を行いました。その年、ベナンは行動を起こし、「和解と開発に関する指導者会議」の開催を主導しました。世界の歴史の中で1つの人種に対する大量虐殺や虐待という最も恐ろしい行為を行った各国が正式に謝罪するために多くの人々が集ったのです。現在、この和解運動は各国で活躍する組織や支持者の活動を通じて継続されています。

エマニュエル・ベベニョン氏は愛する祖国ベナンを代表する立場で人生を過ごしてきました。彼は多くの組織を立ち上げ、そして指導しながら親善大使として活動しています。20年近くの間、彼は和解運動の活動に献身的に取り組んできました。彼は和解へと移行することを望みながら、この活動を世界的に広めるための会議等を開催するなど、中心的人物として活躍し続けている和解運動の主唱者であります。また、経験をつんだ教師でありながらも、勤勉な学生のように歴史や人間学を学び続けています。彼はこの活動を広めるリーダーであり、真実を追究する人物です。彼はベナンから世界に向けて影響力ある声を発し続けています。

エマニュエル教授の足跡と優れた業績を一つの出版物として私がその取り組みをまとめるという支援ができたことを光栄に思います。彼の努力の成果を書籍としてまとめるのは、学問としての記述が目的ではないのです。歴史上の事実と和解へ向けた運動を一つにまとめたことで、世界に新たな知識を提供し、さらに多くのことを知りたいという気持ちを人々に抱かせたいという希望からです。この物語のその先を知るために、私達はウェブサイト:www.beginningwithbenin.orgWebを更新していく予定です。このサイトを通して、歴史上の事実をよりよく理解したり、新たな画像や読者の意見などにも触れることが可能です。これらの取り組みを検証していただき、皆様のご理解を深めていただければ幸いです。私達は究極的には一つの人類であり、一人の物語はすべての人の物語となるのです。ある一人の稀有な体験を知り、そして理解することが大切なこととなります。

ともに前向きな視点で過去を見つめ、発展と世界の平和への扉をたたきましょう。我々は怒りを探すためにではなく、答えを探すために歴史の事実を振り返るのです。ともに気付き、癒し、そして再建への旅に出るには、真実を正しく認識することから始まるのです。この出版物が一人ひとりの人生に影響を与えることを望みます。私は「一人」の力の偉大さを知っています。一つの声と一つの目標を持ち、あなたがベナンから始まる和解運動への旅に参加することを心から願っています。

シイリタ ロシェル マクラーキン
法務博士、MBA、弁護士、講演者